読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#ユキメモ

ユキメモ!

コメントは随時お待ちしております

【随時書き足し】2017年読書記録

こんにちは!

ユキです!

 

2016年末から2017年、読んだ本をただ列挙してまいります。

小説漫画新書洋書区別せずに上げていきます!

 

ただ自分の備忘録として随時書き足していきますので、「これ読んだらいいよ」とか、「ユキさんこの本好きそう」とかあれば、ズイズイコメントくださいな

 

 

「宴のあと」 三島由紀夫

「地下鉄に乗って」 浅田次郎

進撃の巨人 1巻~21巻」 諌山創

ハイキュー!! 1巻~15巻」古舘春一

「思考の整理学」 外山滋比古

「探偵はバーにいる」東直己 

 

今日のところは以上です!

ユキ

2016年雑感と2017年抱負

 
 
地元の神社に歩いて行って初詣をしてきました。
末吉でした。待ち人は来るのが遅いし、縁談はよくないみたいでした。学問は、安心して勉強せよとのことでした。
 
さっきの記事で、雑に一か月ごとに振り返っていましたが、全体に共通こととして、目の前のことにいっぱいになっていて、先々のことを見て考えて行動していないことがあげられます。先のこと、自分のことについて、考える機会はたくさんあったけれど、それを行動に移していなかったし、こうなりたい、こうしたいという願望に基づいて計画立てて実行することもなく、一年間でずっと対症療法してきていました。刹那的に生きていました。
 
そかも、それも「これくらいでいいや!もうわたしがんばった!疲れた!」ってことが多く、妥協点でやめてしまっていた。基本的に自分の欲求に忠実に生きてきた。寝たい、お腹すいた、いまはこれをしていたい、今月はインターンあんまり行きたくない・・・・・・
 
良かった点ももちろんあります。同期や、周りの人を尊敬できるようになったこと、ブログを始めて自分の考えを整理する意識付けができたこと、そして何よりも、2016年の大きな成果としては、
 
 
足りない点がたくさん見えたこと、
 
 
です。いろんな人を見て、自分なりに捉えて、自分に足りない点がたくさん見えました。
 
それを踏まえて、2017年抱負。
 
 
さっき、神社に歩く途中で考えていたのですが、今年のdirectionははっきり見えました。
 
なにごとにも努力
 
迷ったら面倒で勇気のいるほうへ
 
 
です。去年、あんまり努力してない!足りない点は見えたけど、直そうとはすっかりしていません。去年が見えた年とするならば、今年は動く年でしょう。痩せたいと思っていながら大したことしてなかったし。
 
目標としては、
 
本を50冊読む
法律を勉強する(これは数値で測れないな・・・)
5kg痩せる
親しみやすい人間になる(測れない)
手帳に月初めに半年後を記述する
 
 
です。
大体、じぶんマニフェストと、今年思ったことから来ています。
 
あ~~~~~~~目標立ててもだいたい達成できないんだよな~
自分で決めた期限は、守れた試しがほとんどありません。
今年、この目標達成できるかな~~
 
月初めに点検しないと絶対達成できないな~~
 
不安しかないスタートです!
達成できない気がしすぎて、今から気分が憂鬱です。
 
でも、やるしかない。いやなことしないと成長にならない!
コンフォートゾーンから抜け出さないといかん。
 
う~~~ん、めんどくさいことばかりだけど、だいじなことはだいたいめんどくさい。
 
これやったら絶対わたし成長する!って自分をだましだましやるしかないっすね
では、
誠実に、物腰柔らかく、気づかいしながら2017年も生きてまいります。
 
今年もよろしくお願いいたします!
 
ユキ
 
 
 
 
 

一年をひと月ごとに振り返ってみるコーナー

 
はい、さっそくまいりましょう、
1月
冬休みを猛烈早くに切り上げ、勉強しなければならないのにバイトをやたら入れ、活動も繁忙期を迎え始めた時期でした。
毎日だれかとのMTGバイトがあり、テスト勉強を無視し続けていましたね~。忙しいことがかっこいいことだと、一番思っていた時期で、自分を過信していたんだと思います。
具体的には、自分が2月に出かけて行った海外インターンの準備に追われつつ、先日軽くお話しした、委員会執行部の活動も本格化して、渡航準備をどんどんないがしろにしていたやつです。 
 
 
2月
この時期が一番しんどくて、怒涛の展開を迎えていました。
初旬にテスト期間がありました。テスト自体は科目数がたしか3つしかなかったのに、落としたり棄権したり、ギリで合格したりしてた時期です笑
その時はその時で一生懸命生きていたので、ま、いいや!って今は思っています。
テストが終わったら髪の内側を金髪にして、一時間刻みのアポを設定して、自己満してたり、突然松島旅行の計画を立てて、松島に行って、そんななか自分の海外インターン渡航準備をします。あと、渡航中に私の役職を埋める引継ぎをしたり。
松島に行った10日後の2/25にはマレーシアに飛んでいました。見送りうれしかったな~早朝なのにたくさん見送って、朝ごはんも一緒に食べてもらった。。。
いや~、現地で使えると思っていたキャッシュカードが使えないことに羽田で気づいて半泣きで両親に電話したり、旅は始まったばかりだって発破をかけながらAir Asiaの機体に乗り込みました。
 
インターン始まってからの様子は、とりあえずこちらのブログからお願いいたします。あの、あれです。年内に書き上げるために、時間節約です!
後ほどこのブログにも書いておくので、これで今のところはご勘弁を!
 
 
 
3月
ここから、今私が左手に置いている日本用の手帳には何も書いていない1か月になります。ここからは、マレーシアで毎日毎日、ほんとに肌身離さず持っていた空港で買ったノートに書いてあります。このノートを空港で買わなかったら、渡航中なにもしたためることができなくなっていましたね・・
だがしかし、このノートが仙台にある!!!
実家にもってきてないので、なにを考えていたか詳細に見返すことができない!
ので、かいつまんで記載します。
3月は、ほんとにいろんな感情を知った1か月でした。自分の小ささ、度胸のなさとか、愛想のなさとか、コミュ力のなさとかたくさん知りました。
手帳を見て、「あと何日で日本に帰れる」って思っていたかわからないし、同時に「まだ何もここに残していない」
っていつも思っていました。でも、コミュニケーション取れることの本質的な嬉しさとか、子供たちに癒されたり、自分がアジア人であることをさらに認識したり、あと、人種違う人たちとの違いもしっかり見たし、・・・・濃かったな~~~~~。。今思えば大冒険がたくさんだったな~~~
 
 
時々、懐かしくなります。
詳細は、やっぱりこっちのブログにかいてあります!
 
4月
6日に帰国しました。腕にペイントして成田スカイライナーから山手線で新宿行って、旧友と朝ごはん食べました。
今思えば私のこの渡航は、新しい友人との朝ごはんで始まり、旧友との朝ごはんで終わった旅でしたね
 
 
仙台に帰って、怒涛の生活でした。生活リズムが忙しくて、しばらく完調じゃないまま過ごしていました。4月の思い出はほとんどない・・・何を過ごしていたんだろうな・・
きっとのんびり過ごしていたんでしょう。一番記憶にない期間です!
 
 
 
 
5月
4月のんびりしていたから、5月はとっても忙しかった。。。マレーシアで、せかせかした生活だけがいいもんでもないってことを学んできたので、この月はしんどかったですね。新入生たちの相手を苦々しくして、(当時は後輩あんまり好きじゃなかったんです。でも最近、後輩たちにそれを見抜かれていたことがわかりました。みんな、その節はごめんね)でも、後輩たちと、同期たちとのおかげで自分に責任感が芽生え始めたのもこの時期でした。
バイトも掛け持ちして、活動も忙しくなって、一心不乱にやっていました。
 
 
6月
この月は、本当に団体の活動のことばかり考えていました。6月の真ん中で、インターン生が来日することになっていて、前任から引き継がれながら、初めての手続きばかりに戦々恐々としていました。
自分の活動に楽しさと不安とを両方感じて、きっとこの時期が一番慎重に活動していたと思います。でも、自分の手続き、自分の仕事に熱中してばかりで、メンバーのことを考えなくなっていました。
 
 
7月
この月はバカだった…なんでテスト前の大事なつきなのでマックスでバイト入れてたんだ・・・・・全部できると思っていたんですね・・・愚かだ…・
この月も、ぎりぎりを渡ってて、なんだかんだ楽しかったですけどね!
 
 
8月
この辺から、いろいろ悩み始めます。自分が口下手になってきたって思ってたのもこの辺だし、次の年のことを考え始めたのもこのへんだし、いろんなことを悩み始め、調子がくるってきた月でした。周りに壁を作り始めたのもこのころかも。。。
 
 
9月
悩みはじめ、とりあえず動きました。タイ行ったり、合宿参加したり、ジブリ美術館行ったり、遠くに住んでいる仲良しな人と一対一で話したことが多かったかも。それで、淡々と過ごしていました。悩みは尽きないけれども、自分は自分!って、タイから帰国する飛行機の搭乗待ちで友人と話して、落ち着いたりしました。タイで、仙台の化粧品会社社長やってるおじさんと会って、社名聞いたけどすっかり忘れてしまいました・・・・タイの押し売りのおばさん、しつこかったな。
 
10月
どんどん根深くなっていきます。悩みが。悩みを抱えて、直視したくない時期で、体だけ忙しく過ごします。心と体が別って、こういうことを言うんですね~。自分の心の中は悩みで凝り固まっているのに、国際会議のボランティアしたり、バイトやめたり、10月が一番沈んで、苦しく生活していた月でした。身近な人に壁を作り、話さないように避けて、自分ができないことから目をそらしておりました。結局、いろんな人に迷惑かけた末に相談して、どうにかこうにかいたしました。
 
11月
まだな護衛が残って悩んでいた月です。
誕生日を2年連続、ケーキまでだしてもらって祝ってもらって幸せでしたね~。20歳になり、マニフェストを書いて、これまでよりも、先のことを考えるようになり始めました。マニフェスト執筆、楽しかったです。
 
 
12月
比較的落ち着いて、自分の時間も多く、年の瀬にしてやっと自分の立場に慣れ始めた感もあり、安定してきました。この安定が、来年も続けばいいけど…
どんなことになるでしょうね~
 
 
以上、ひと月ごとに適当に振り返ったところで、次記事、本題の雑感と抱負です。初詣の後に書くので、投稿は深夜2時とか3時とかになるかと思います。
 
では!
よいお年をお迎えください!
 
 

進撃の巨人を読みながら

 
みなさんこんにちは。
実家で進撃の巨人を読んでいます。今19巻です。
 
 
前回の記事で、年末に、一年振り返りの記事を書きますとお話いたしましたので、お約束通り、今日の記事は振り返りの記事です。
でも、どうしたことか、頭の中が靄にかすんでいるようで、今年一年何をして、何を思って、次の年に何を申し送るか、今ははっきりできておりません。
 
しかし、PCにらんでうんうんうなっていても、なにも生み出さないって、学んでいるので、とりあえず手を動かしてみます。
ここで!!!!!!!!
誰得???????!!!!!!!!!!!一年をひと月ごとに振り返ってみるコーナーを開催いたします。
 
 
説明しよう!
これは、年末間の欠如したところに、無理やり一年を細かく振り返るという義務を与えることで、いやでも今年の総括をし、来年へ申し送るための作業である!!!
 
 
 
つぎの記事へ行きます!
きっとダラダラ長くなって面倒なので、一年の豊富だけさくっと知っておきたい方は、そのまた次の記事、年末の雑感と年始の豊富の記事へお飛びください。
 
ユキ

イライラ

イライラ
 
 
昨日と今日、とてもイライラしています!
考えられる理由をブレストします
 
 
・一生懸命友人のプレゼントを選んで疲労困憊だったのに、彼女を連れた先輩にエンカウント。先輩にお互い紹介されたので、きちんと挨拶したのに先方の彼女はろくになにも言わずに目をぱちくりさせていただけだったこと。全然悪いイメージとか持っていないし、彼らのこと嫌いでもなんでもないのに、あんな気の利かなさそうな女の子がモテるのか~そうか~と、世の中の真理を、イやなタイミングで見てしまったこと
あと、彼女がとても美人で、美人はああやって何も言わなくても絵になるし、許されてしまうという不平等や、それをやっかんでいる自分の度量の小ささ、自分の汚さが見えてしまってイヤ。。
 
・中間管理職になっていること。上司から頼まれたことをしたのメンバーに頼んでいるのにみんな年末年始だからってさぼってなにもしてくれず、ただ私が気をもんでいる状態になっていること。
メンバーにも少しイライラするけど、なによりもこれを予測できたはずなのに対策を言わなかった、そしてその下の管理職のみなさんにも言い含めなかった自分の至らなさがイライラ。
 
 
 
・自分の学部だけ明日の5限まで授業があること
 
 
・仲のいい友人たちが先に帰省してしまって、彼らと話せないだけでサイクルが狂って、妙な不完全燃焼のままここ2,3日過ごしていること
 
・自律がいかにできないかということが最近とても露呈していること
もうこれ、汚い部分すぎて人に言いたくありません笑
 
 
 
あと、しいて言えばSMAPが解散したことですかね?
 
 
SMAPは昔から気になっていながら、彼らをdisることしかせず、積極的なファンになることがないまま彼らが解散してしまって、なんであの時ファンにならんかったんだ、、、、そしたら今頃感動を共有できたのに、、、、という自分のカンのなさや、タイミングの悪さとかにも舌打ちをしたい気持ち。
 
 
あと、あれです。
このブログが、私が自分のことしか考えられてない人間であることをまた、露呈していますよね。
書く記事書く記事、自分のこと。
 
自分の内面のこと。
ま、ブログだからいいのか・・・・・?
 
自分のことから目が離せるようになったら、人に目が向くのか?
 
最近は人にやさしく接してきたし、その人のためを思って行動してきたが、まだまだそれは上っ面だけだったということですね。
 
もう少しじぶんに注目して、自分から目を離せるようになるまで凝視して、そのあとにほかの人を見ていきましょう
 
 
 
あ、次の記事は、今年の一年を総括した記事にしよう!
 
お楽しみに!!、、、と言いながら、いったい誰が楽しみにしてくれるのか全く疑問ですね・・・
 
 
 
では、ユキ
 
 
 
 
 

未練

お疲れ様です!

 

今日は、未練についてお話いたします。

 

ひとつの役割とか、チームに関して未練を抱くことが最近あります。

最近、

一つのチームの中で、執行部というポストに就くかつかないかという判断をしました。

私は実質去年の12月から執行部の中で日々活動していました。

 

今年も代替わりの時期がやってきつつあって、やりたいかやりたくないか判断する時間を与えられて、考えていました。

 

 

タイトルが「未練」なので、結局のところは「やらない」という決断をしました。

 

ほかのメンバーが、私という存在の有無でどんな影響を受けるか考えたり、4年間という短い大学生の間、もっとやるべきことがあるんじゃないかって考えたり。

 

 

で、一番大きい理由としては、最近、人との交わりで学ぶことが多くある中で、自分ひとりで考えて、熟成させて、経験して、まったく知らない、わからないところから自分で読み解いたりする経験を長らくしていないということです。

 

大学最初の2年間、いろんな人と巡り会って、いろんな経験をしてきました。でもその代わりに犠牲にしてきたこともきっと少なからずあるんだと思うんです。

 

不器用なので得たいものは全部得ながら生きていくことはなかなかできませんが、大学3年目からはバランスをとりながら変わらず、それ以上にいろんなことを経験していきたいと考えています。

 

これが自分にとって最善の選択だと考えたので、理性のところでは未練はありません。

 

でも、、メンバーが好きで、もう一回やりたい、みんなと一緒にまた考えてみたいっていう気持ちもあることを無視できずにいます。

でも、考えて決めたことなので後悔はしていません。

でも、未練がほんの少し。

 

 

でも、団体やめるわけでなくて、執行部をしないってだけです。それだけ。

 

団体は、好きなので続けますが、意思決定を最近したってお話でした!

 

ではまた!

ユキ

父母の老い

こんにちは!

前回の更新から一日か二日しかたっておりませんが、再び更新です。

正直、すごく書くのが辛くてとても書きづらいトピックではあるのですが、

今日は、≪父母の老い≫について。

 

今日、久々に両親と会いました。用があって、地元からこちらに来てもらったのですが、これまでうすうすと感じていた、〈老い〉を露骨に感じて、目をそむけたくなるような、でも見ることが私に課されている使命とも感じるような、何とも言えない気持ちになってしまいました。

 

田舎の両親が、都市に、しかも一回二回ほどしか来たことがない街にやって来たんだから仕方がないともいえるのですが、

 

「やっぱり都会だね~」とか、「このまえ転んだ時の跡がまだ痛いんだよ」とか。

 

ふと、目の前で二人並んでごはんをたべる、また少し太ってしまった母と、どんどん髪が薄くなる父を見て、「彼らも確実に年を取っている」と、感じてしまいました。

 

田舎の小さい夫婦に見えてしまって、そう見えてしまった彼らに対してすごく寂しさを感じるのと、そう見てしまった客観的な自分の残酷さと、悲しさと、どう形容したらいいのかわかりませんが、そんな気持ち。

 

 

明らかに体力がなくなり、考え方も丸くなり、困ったような顔で電話にこたえる父。

もっと厳しくて理不尽でわたしのこと信用していなかったのに、変わってしまった。

 

父のことが嫌いであり、反発していたはずなのに、何に関しても無意識に父の意見を聞かないと不安そうな母。

しっかり一人の会社に勤める人間としてやっているのにおとうさんはおかあさんのこと信用していないんだよと、怒りながら言っていたのに、無意識に、一人では不安げになるようになってしまった。

 

 

こういう見方をするのは、私が成長したからです。たぶん。でも彼らは変わってしまった。

 

自分にとってもう彼らは、厳しいけどくちうるさく、理不尽なこと吹っ掛ける父、なよなよする私に発破をかける、大好きな母ではなくなってしまった。

 

そんな両親像は、もう過去のものになってしまった。

 

地元に愛着もないし、帰省したいともほぼまったく思わないし、両親のことも好きかと言われれば好きじゃないと答えるような娘なのに、なんでいまこんなにかなしいんだろう。

 

20歳を迎えて、一番変わったことは、両親との付き合い方、そして私にとっての両親の在り方かもしれませんね。

 

この気持ちはスルーしちゃいけないと思ったので、かきました。

では。