読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#ユキメモ

ユキメモ!

コメントは随時お待ちしております

お葬式いろいろ

#ユキメモ

スミマセン、暗い話題が続きます笑!

 

ユキです。お葬式に出てきました。場所は横須賀!

時間があったので三笠公園に行ってきました。海がきれいだった。

f:id:yk_dorayaki:20170419231941j:plain

 

お葬式に、出てきました。思うこと、ブログに書こうと思ったことがあったので、書きます。

亡くなったことに実感がわかないまま葬儀に行ったから、棺に入った伯父さんの姿をみてとてもショックでした。

きっと私は涙もろいんだろうな、バラバラ泣いてしまいました。

 

通夜。

バラバラ泣きっぱなしで通夜でした。従姉たちが冷静にしているのを見て、私が泣いている場合じゃないと思ってがんばって涙をこらえていました。

 

お経が、どういう由来でできたのか詳しく知らないし、どういう効果を狙ってお葬式でお経を読むのか知らないけど、お経がありがたかったな。

無心になって、落ち着く時間が与えられた気がした。

 

あと、戒名。

亡くなった人の位牌には、俗名ではなく、戒名が書いてあります。大体名前の一文字がとられて、あとは2~3個、故人のエピソードから取られるみたい。

 

父が言っていたのですが、俗名は、それを見るたびにぐーんと心が苦しくなるんだって。

亡くなったことを受け入れられないときから、俗名で「故」とかつけられると、ご遺族は本当に苦しいみたい。

きっと戒名って、ご遺族のことを思ってのモノではないけど、位牌に書いてあるのが戒名だから、なにか切り替えられるってこともあるのかもしれません。

 

通夜、これをここまで読んでいて下さる物好きの皆様がお住いの地域では、どんなけいしきで営まれるのでしょう?

栃木、福島あたりの通夜は、親族が式場に宿泊します。ご霊前に線香が絶えないようにするみたい。

だから、蚊取り線香のような長いお線香に火をつけて、夜は近しい親族のみで飲んだり食べたりします。

 

父のいとこ、ひょうきんなおばさんと、私の家族と従姉家族で泊まりました。

 

通夜、夜遅くにビール飲みながら故人のことについて語り合い、故人を理解しなおす時間がとても暖かい時間で、きっと伯父さんも幸せだったのではなかろうかと感じられるような時間で、一番心が休まりました。

 

伯父と父が、お互い違う大学に通いながら違うスポーツをやっていたのに同じボート場でばったり会って「なんでお前ここにいるんだ」って会話をしただとか、

 

伯父の大学時代を誰も知らないだとか。

 

男のプライドで弱った姿を見られたくなかっただとか、

 

伯父のfacebookアカウントの話とか。

 

現役世代で亡くなったから、膨大な量の弔電が来ていて、本当に惜しまれているんだなとわかったりとか。

やっぱり若者だから、通夜でいろいろ進路のこと言われました。それも楽しかったな。

 

 

 

 

告別式。

 

棺の蓋を閉めるときと、荼毘に伏す時が、一番悲痛だった。

本当に、悲痛なことだった。

 

伯母さんとそのお姉さんの嗚咽が今でも耳にこびりついています。

伯父さん亡くなって、ご家族これから大変だろうな。従弟、私と同じ年齢なのに本当にしっかり葬式をやり切っていた。彼の背中が痛ましかった。

全然泣いていなかったけども、大丈夫なのかなとかってに心配してしまいます。もっと話せばよかった。 

 

いろいろ、考えさせられるお葬式でした。自分はやっぱり家族と切っては切れないものなんだな。とか、オンナノコは地元に戻れとか、私の性格とか。

 

普段全然かかわりのない父の従姉のおばさんと、私がすごく似ていて、そこに血筋を感じたり。

 

私も将来喪主をやるときが来るんだと思うんです。涙もろくて落ち込みやすい自分はあんなに冷静に喪主をできるだろうかとか。

 

そろそろわたしたちも20歳を過ぎてきて、亡くなる方も近しい親戚で出てくることがたくさんあることを、覚悟しなければなりません。

 

伯父さんには、安らかに、ゆっくり休んでくださいと、やっと思うことができました。

やっと受け入れた感じ。

私が仙台を離れて喪服を着ていた間に仙台の桜は散ってしまったみたい。残念だったな。

数珠と袱紗、買っておこう。

ユキ